神城寺 道瑠の皆さん旅・・・してますか?

神社へ行き、城へ行き、寺に行く。どうも、神城寺 道瑠です。神社、城、寺を巡り、全国の名所をご紹介します。

神社へ行き、城へ行き、寺に行くブログ旅ブログです。
僕の人生を掛けて、巡礼していきます!!

新西国三十三所まとめ

 未定

第一番札所

荒陵山 四天王寺

ありがたや 法のはじめの 天王寺

亀井にうかぶ み仏の影 

 未定

第二番札所

佳木山 太融寺

たふとしや 大江の岸の 観世音

滝も玉出の 名にかがやきて

未定

第三番札所

雲松山 鶴満寺

逢ひがたき 法の佳木を 得たる身は

苦しき海に などか沈まむ

未定

第四番札所

龍谷山 水間寺

みなかみは 清き流れの 水間寺

願う心の 底は濁らじ

未定

第五番札所

天音山 道成寺

紀の国や 峰より明けて 日高川

てらすは法の 道成の寺

未定

第六番札所

御衣寺 宝亀

高野山 峯にかがやく ともしびは

万代きえぬ 光なりけり

未定

第七番札所

天野山 金剛寺

はれわたる 天野の宮の 金剛寺

古にし蹟も 畏かりけり

未定

第八番札所

南向山 西方院

むらさきに 雲のにほひて 観世音

在しまします 西方の空

未定

第九番札所

鳥形山 飛鳥寺

うきことの 消ゆるもけふか 飛鳥寺

末やすかれと 祈る身なれば

未定

第十番札所

仏頭山上宮皇院 橘寺

仏いで 花ふるにはの ありけるに

遠きくにとは 何おもうらん

未定

第十一番札所

二上山 當麻寺

極楽を いずくととはば 大和なる

まるこのさとに ゆきてたずねよ

未定

第十二番札所

仏日山東光院 萩の寺

詣り来て 袖ぬらしけり 萩の寺

花野にあまる 露の恵みに

未定

第十三番札所

神秀山 満願寺

むら雲は あとなく晴れて 寺の名の

願ひも満つる もちの夜の月

未定

第十四番札所

根本山 神峯山寺

神峯の山 すずしき音の

かよひ来て こころの底に 響く滝つせ

未定

第十五番札所

新京極 誓願寺

人波に おされながらも 誓願寺

心にふかく 頼みきにけり

未定

第十六番札所

瑞応山千本釈迦堂 大報恩寺

ひとすぢに 仏の教 たどりなば

千本の道も 迷はざるらむ

未定

第十七番札所

立願山 楊谷寺

みほとけの なびく柳の谷水は

汲むにおいせぬ 薬なりけり

未定

第十八番札所

比叡山 延暦寺横川中堂

千代かけて 世をば救ひの 鐘の音を

送り絶えせぬ 比叡の山風

未定

第十九番札所

鞍馬山 鞍馬寺

くらまやま むらだつ杉の 木の間より

もるるや法の あかき燈灯

未定

第二十番札所

立木山 立木山寺

瀬田川の 霧も立木の 観世音

峰吹く風に 晴るる身のうさ

未定

第二十一番札所

甲山 神呪寺

来てみれば すがたも花の かぶと山

寺もわが身も 薄雲の中

未定

第二十二番札所

摩耶山 天上寺

ちぬの海 わたるもゝ船 あけくれに

あふぐや摩耶の 法の燈火

未定

第二十三番札所

宝積山 能福寺

ただ法の 宝を積みて はるばると

運ぶ歩みの 楽しかりけり

未定

第二十四番札所

上野山 須磨寺

世にひびく 青葉の笛の 名にぞきく

すまのみ寺の 松風の声

未定

第二十五番札所

三身山 太山寺

祈りなば 三つの世やすし 三身山

浮世のほかの 月の照らして

未定

第二十六番札所

大谷山大谿寺 伽耶

播磨路や 伽耶のみ寺の

花の庭 てらすは法の 光なりけり

未定

第二十七番札所

刀田山 鶴林寺

いにしへの 鶴の林に 散るはなの

匂をよする 高砂の風

未定

第二十八番札所

五峰山 光明寺

あや雲の 空になびきて 光明寺

仰ぐ五つの 峰は晴れたり

未定

第二十九番札所

泉生山 酒見寺

世の旅を 酒見の寺に

かへりみて 頼むは遠き 行くてなりけり

未定

第三十番

七種山 金剛城寺

金剛の をしへの城の みめぐみの

つゆ滋岡や 七ぐさのさと

未定

第三十一番

台雲山 花岳寺

よろづよの 人のかがみと 匂ふなる

花岳寺の 庭のいしぶみ

未定

第三十二番

いかるが 斑鳩

かみつ代の 聖の徳は いかるがの

蓮の花と かをるなりけり

未定

第三十三番

船越山南光坊 瑠璃寺

めぐり来て 札を納めの 今は身も

心もきよき 瑠璃のみ寺に ひとすじの

たのむ心を 瑠璃寺の 露のひかりに

むすびとめつつ

未定

客番

有栖山 清水寺

たふとしや 大江の岸の 観世音

滝も玉出の 名にかがやきて

未定

客番

檜尾山 観心寺

千代までも 厄災消除の おん誓い

大師のみ手の あとぞ尊き

未定

客番

磯長山 叡福寺

磯長なる み寺にいまも うまやどの

みこのみたまは しずまりてます

未定

客番

南山高槻観音 安岡寺

如意の輪は 願ひのままに めぐりきて

身を安岡の 寺におかばや

未定

客番

極楽山 浄土寺

もうずれば この世ながらの 浄土寺

るり安養の 極楽のさと